税務相談や経営相談についてお気軽にお問い合わせください!    ようこそ 小林弘幸税理士事務所のHPへ!!
    HOME経営理念プロフィール業務内容MAP税理士とは税理士の選び方無料相談サイトマップ
節税したい!確定申告したい!税制改正について経営改善するには!決算書が読めるようになりたい!
 

税理士のタイプ

 サービス内容は税理士のタイプによって、いくつかのパターンに分かれることをご存知ですか!

年一回訪問型

 年一回、税務申告のために税理士事務所に帳簿を渡して、決算書と確定申告書を作成してもらいます。または、自社で入力したデータを税理士事務所にチェックしてもらい、決算書と確定申告書を作成してもらいます。

 この場合の税理士事務所へのニーズは、もっぱら税務申告という場合が多いようです。 

月次訪問型

 原則として毎月会社を訪問して、帳簿のチェックや自計化している場合には仕訳を監査します。毎月訪問していますので、タイムリーで年1回訪問型よりもきめ細かな対応をしていただけます。

 節税したり、正確な決算書を作成するには、毎月訪問型をお勧めします。特に節税は年一回訪問型では対応が遅れ、手遅れになる傾向にあります。

 また、金融機関に月次決算書を求められても、タイムリーに提出することができます。

 

記帳代行型

資料を税理士事務所へ持っていき、税理士事務所でコンピューターに仕訳を入力して、月次試算表を作成します。

 月次試算表を作るだけで精一杯ですので、試算表の説明や経営面の話はないのが一般的のようです。

 

自計化型

 自社のパソコンで会計ソフトへ仕訳を入力することを税理士事務所が勧めることが多くなっていると思います。そして税理士事務所のスタッフが入力された仕訳をチェックして、会計面や税務面で仕訳の指導を行ないます。

 会社で仕訳を入力してそれを税理士事務所で監査するスタイルが多くなっていますが、その分税理士事務所では付加価値サービスを提供することができます。

 ただ、会計ソフトの仕訳を確認するだけで、決算書の内容まで説明していただけないケースも多いようです。また、会計ソフトは分析用の決算書が出力できるかも確認してください。

 多様化する税理士事務所へのニーズに対応していくためには、自然の流れではないでしょうか。

 

コンサル型

 毎月決算書の内容を説明し、さらに経営計画書の作成も支援してもらいます。月次決算書と経営計画書を比較して今後の経営戦略を練ります。これはPDCAサイクルの確立と言って、コンサル型の基本形となっています。

 コンサル内容は税理士事務所によって全くことなります。分かりやすく効果的なコンサルをしていただける事務所は、まだ少数のようです。どのような方法でコンサルしていただけるのか、契約時によく確認してください。

 

どのタイプの税理士事務所が望ましいのかは、社長さんがどのようなサービスを求めているのかによって違ってきます。

仮にコンサル型が一般的に進んだ税理士のタイプだとしても、コンサルを望んでいない社長さんにとってはメリットがありません。

また、サービスに不満があっても、長年のお付き合いでなかなか税理士事務所を変えられないこともよく聞きます。

しかし、税理士事務所もサービス業ですから、サービスに不満がある場合には率直にその旨を伝える姿勢が必要です。何度か話し合っても改善が見られないようでしたら、他のタイプの税理士事務所へ移ることは自然の流れです。

今やほとんどの税理士事務所がHPを持っています。自分の望むタイプの税理士事務所を探すのはそれほど大変ではなくなりました。

税務・経営のパートナーとして、ニーズを満たしてくれる税理士事務所をお探し下さい。

 

お気軽にお問い合わせください!

E-mail: info@office-kobayashi.com
〒385-0027
長野県佐久市佐久平駅北26番地7 
            藤ビル2階A号室
TEL.  0267-68-7070
FAX.  0267-68-7074
MAIL. info@office-kobayashi.com (代表)
URL.  http://www.office-kobayashi.com

TKC全国会創設者 飯塚毅博士のホームページを公開しています。
|ホーム|経営理念|業務内容|事務所案内|スタッフ|税理士とは|サイトマップ|お問い合せ|

Copyright(C)2009 小林弘幸税理士事務所 All Rights reserved.