税務相談や経営相談についてお気軽にお問い合わせください!    ようこそ 小林弘幸税理士事務所のHPへ!!
HOME経営理念プロフィール業務内容MAP税理士とは税理士の選び方無料相談サイトマップ
 節税したい!確定申告したい!税制改正について経営改善するには!決算書が読めるようになりたい!
決算書が倒産を防ぎます

 そもそもなぜ会社は決算書を作成するのでしょうか。

決算書について定めている会社法の起源は、フランスのルイ14世の時代に遡ります。1670年代、当時フランスではバブルがはじけて企業の倒産が相次ぎました。こうした社会不安の生じた中で、倒産した会社の共通点を調べてみると、帳簿の付け方がずさんであることがわかりました。

そこでルイ14世は倒産を未然に防ぐには商人に帳簿の作成を義務付けることが不可欠であると考え、その結果1673年に世界で最初に創られた商法がフランス商法であります。日本の会社法もこの影響を受けて創られています。

ですから、そもそも決算書は税務署や銀行に提出するために仕方なく作るものではなく、企業の倒産を防ぐ、または企業のより一層の発展のために作成するものだと考えます。

 よくこれからの経営者は決算書が読めなければならないと言われます。しかし、キャッシュフロー計算書も含めて決算書の見方は必ずしも簡単ではなく、また奥が深いものだと思います。

当事務所では、決算書を経営に役立つよう毎月お客様に経営状況について情報提供させていただき、経営のヒントにしていただければと考えております。


なぜ過去の数値(決算書)を見るのでしょうか!

 決算書は過去の数字です。もう終わってしまったことを何故見るのでしょうか?

 今後どうしたらいいのかを考えるためです!

 歴史を重んじるのも今後どうしたらいいのかを考える上で大切なことであるのと同様に、過去の数値にすぎない決算書を見るのも将来よりよくするために見ることになります。

 ですから、私たちは決算書を通じて、お客様の”夢”の実現と、社員さんの幸福の創造に貢献したいと考えています。

 経営者の皆さんには、5年後、10年後、20年後に会社をどのようにしたいのか、夢を描いていただきたいと思います。
 描いた夢が経営理念であり、会社一丸となる方向性であり、現状とのギャップが会社の課題になると考えます。

夢のない会社に社員さんは活き活きと働けるでしょうか!?

 夢を実現するためには、夢が具体的であるべきです。具体的にするには、数値化することです。ですから、是非経営計画書の作成をしていただきたいです。経営計画書に書いた数字と一致する必要はありません。というよりも、一致しません。
 達成した場合には、より大きな目標を実現するための方策を考え、未達成の場合にはどこに原因があったのかを考えればいいのです。

数値化することで、社員さんにも経営者の方の考えが伝わります。そして達成するための方法を考えるようになります。

 社長さんに大きな夢を抱いていただき、社員さんとその夢を共有していただき、
社長さんの夢を実現していただき、同時に社員さんの幸福の創造に繋がります。
 業績が悪化していては夢の実現はできません。社員さんにも十分なお給料を支払ったり、福利厚生を充実させることはできません。

 夢を実現するためには、経営計画書の作成も必要です。大きな夢を持つことが業績の向上には不可欠です。

会社に合った夢の実現の方法があると思います。
経営者と社員さんとのベクトルを一致させるためにも夢を語りましょう。
お気軽にお問い合わせください!

E-mail: info@office-kobayashi.com
〒385-0027
長野県佐久市佐久平駅北26番地7
             藤ビル2階A号室
TEL.  0267-68-7070
FAX.  0267-68-7074
MAIL. info@office-kobayashi.com (代表)
URL.  http://www.office-kobayashi.com

TKC全国会創設者 飯塚毅博士のホームページを公開しています。
ホーム経営理念業務内容事務所案内スタッフ税理士とはサイトマップお問い合せ

Copyright(C)2009 小林弘幸税理士事務所 All Rights reserved.