税務相談や経営相談についてお気軽にお問い合わせください!    ようこそ 小林弘幸税理士事務所のHPへ!!
     HOME経営理念プロフィール業務内容MAP税理士とは税理士の選び方無料相談サイトマップ
  節税したい!確定申告したい!税制改正について経営改善するには!決算書が読めるようになりたい!

経営計画書ってどうやって作るの?

経営計画書というと、難しく聞こえます。


 まずは、簡単な経営計画書から作ってみることが大切です。


では、どうやって作ったらいいのでしょうか?


将来を考えるには、まず現状を知る必要があります。

 そのためには、会社法で作る決算書ではうまくいきませんので、「変動損益計算書」を使います。

 

「変動損益計算書」

売上高

−)変動費

粗利益

−)固定費

経常利益

 

変動損益計算書」では、経費売上の増減に関係のある変動費」と、売上の増減に関係のない固定費」に分かれています。

 

 そして、売上から変動費を引いて粗利を出します。

 

 粗利から固定費を差し引けば利益が出ます。

 

 これが「変動損益計算書」と呼ばれるものです。

 

 変動損益計算書があれば、その数字を少し加減して計画を作ります。

 

 まず、固定費は売上の増減に関係なく一定ですので、昨年の実績と同じ数字になります。

もし、大きく数字が変わる項目があれば、その分だけ加減して算定しますので、簡単に算出できます。

 

 次に、決算書の売上高を数量(人数)と単価に分けて、大きく数字が変わるものだけ調整して売上高を算出します。

 

 そして、売上高に決算書から算出した原価率(= 仕入 ÷ 売上)を掛けて仕入れを出します。

 

 最後に、売上高−仕入=粗利益  粗利益−固定費=利益 と計算すれば、計画書の出来上がりです。

 

 ここで一番大切なのは、固定費や売上を出すときに大きく数字が変わる項目です。なぜ数字が変わるのか、メモしておきますと、後で計画と実績のズレの原因が分かりやすいです。

お気軽にお問い合わせください!

E-mail: info@office-kobayashi.com
〒385-0027
長野県佐久市佐久平駅北26番地7
             藤ビル2階A号室
TEL.  0267-68-7070
FAX.  0267-68-7074
MAIL. info@office-kobayashi.com (代表)
URL.  http://www.office-kobayashi.com

TKC全国会創設者 飯塚毅博士のホームページを公開しています。
ホーム経営理念業務内容事務所案内スタッフ税理士とはサイトマップお問い合せ

Copyright(C)2009 小林弘幸税理士事務所 All Rights reserved.