税務相談や経営相談についてお気軽にお問い合わせください!    ようこそ 小林弘幸税理士事務所のHPへ!!
HOME経営理念プロフィール業務内容MAP税理士とは税理士の選び方無料相談サイトマップ
 節税したい!確定申告したい!税制改正について経営改善するには!決算書が読めるようになりたい!
経営計画について

 
低成長時代、不透明な時代だからこそ、しっかりと将来を見据えた経営が必要だと考えます。月次決算で業績を把握し、経営計画書を作成することで、自社の方向性を常に確認していただきたいと思います。

 明日のこともわからないのに、経営計画なんて役に立つのか?というご意見をいただくこともあります。当事務所では、月次決算書から簡単に30分もかからないうちに経営計画を作成できるノウハウがあります。決して難しくないばかりか、将来の経営が見渡せます。簡単に計画が作れて将来のことが分かるとお客様に大変喜ばれています。初めは手書きで作成するのがポイントと考えています。(本格的に作成する場合には、継続MASという経営計画作成ソフトを使います。)

 また、経営の方向性は数字面ばかりではなく、
経営理念や経営方針も重要なのは言うまでもありません。

 金融機関も経営計画書を重視しています。

 また、がむしゃらに働けば、結果がついてくると考える社長さんも多いですが、残念ながら、これからの時代には通用しません。外部からも様々な情報を入手し、客観的な目で判断するよう心がけたいものです。

 経営計画と月次決算を毎月見比べて、どこまで達成したのか、どこを改善すべきか、検討する事が大切な時代です。


経営計画の必要性について

 経営計画書はなぜ作成するのでしょうか?

家を建てる時には必ず設計図を作ります。大工さんは設計図がなくても家は作れると思います。でも、家を建てたい人が考えている家をその通り作るためには設計図が必要になります。設計図がなければ完成するまでどのような家になるか誰にもわからないからです。  

会社の経営についても同じことが言えます。経営者が今後どのような会社にしたいのかを思い描くものが経営計画書です。そして、それを社員さんにも見てもらうことによって、将来を共有することができます。そして社員さんのモチベーションアップにもつながります。

そのためには、これまでどういった経営内容であったかがわからなければ将来を思い描くことができません。ですから、過去2、3年間の決算書をみて、これまでどういう状況であったのかを確認(分析)します。

また、計画どおり経営が進んでいるかどうかは、月次決算によって確認します。経営は家のように形があるものではありませんので、決算書によって経営の状態を確認することになります。

銀行から計画書の提出を求められて短時間で作成する場合がありますが、単に数字を並べただけという場合が多いように思います。

本来は、その数字を実現するためには、具体的にどのようなことを実行したいかに基づいて作成すべきものと思います。そして将来どんな会社にしたいのかを表します。

そのときにポイントとなるのが、お客様のニーズをどのようにとらえるかだと思います。業界の動向や、会社で改善するべき点、経済状況、従業員さんのやりがい、といった経営に必要となる様々な観点からの検討が必要だと思います。

ですから、経営計画書の作成は経営者の最も重要な仕事の一つだと思います。“経営そのもの”と言っても過言ではないのではないでしょうか。

マーケットが拡大する時代が終わりましたので、しっかりとしたビジョンが必要になると思います。そしてそのビジョンが正しいかどうか、また、変化の激しい時代において、それがいつまで通用するのかしないのか、常にチェックする必要があります。

継続して利益が出ないということは、ニーズに合っていないからともいえます。これは会社にとって非常につらいことですが、もしそうであれば早い段階でそれに気付き、手を打つ必要があると思います。

お気軽にお問い合わせください!

E-mail: info@office-kobayashi.com
〒385-0027
長野県佐久市佐久平駅北26番地7
             藤ビル2階A号室
TEL.  0267-68-7070
FAX.  0267-68-7074
MAIL. info@office-kobayashi.com (代表)
URL.  http://www.office-kobayashi.com

TKC全国会創設者 飯塚毅博士のホームページを公開しています。
ホーム|事務所案内|税理士とは|税法|経営|サイトマップ||お問い合せ

Copyright(C)2009 小林弘幸税理士事務所 All Rights reserved.