税務相談や経営相談についてお気軽にお問い合わせください!    ようこそ 小林弘幸税理士事務所のHPへ!!
HOME経営理念プロフィール業務内容MAP税理士とは税理士の選び方無料相談サイトマップ
節税したい!確定申告したい!税制改正について経営改善するには!決算書が読めるようになりたい!
I T支援

 
もはや、I T抜きでは勝ち残れない時代と言っても過言ではありません。

 いかにコストを下げるか、効率性を上げるかは、在庫の状況、受注・発注の状況、取引先ごとの売掛金・買掛金残高等のデータを経営者が素早く入手できる状況にあり、意思決定できるかがポイントだと思います。

 なぜならば、そこに無駄が発生しやすいからです。

 3ヶ月以上の滞留在庫はどれか?貸倒になりそうな売掛金は無いか?回収や支払サイトは適切か?e.t.c.
 紙面でのデータでは、早く正確な情報を把握できません。
 
 当事務所では、お客様の状況や要望に応じて会社に適したI T化を支援しております。

 コンピューターを有効利用することで、業務の効率化を実現させ、会社の状況をスピーディーで正確に把握することが可能となると考えるからです。

 会社の実状にあった仕組みにしませんと、逆に非効率になることもあります。貴社に合ったベストプランをご提案させていただきます。

 
会社の状況をトータルに把握して、無理のない提案をさせていただきます。

ITとは一体なんでしょうか?

 情報通信白書でも、IT革命が18世紀に英国で始まった産業革命に匹敵する歴史的大転換を社会にもたらすとの認識は、我が国においてもほぼ定着したものと思われる。」とコメントしております。

 一時、21兆円まで株価総時価を上げた孫正義氏のマネジメントの秘訣は、ITを駆使したタイムリーな経営データの把握なのだそうです。

 ところで、ITという言葉はいつ頃から使われ始めたのでしょうか。

 IT(情報技術)が盛んに使用されるようになったのは、米国では1980年の後半です。ITが企業や組織にとって「戦略」と「競争優位」を実現する重要な手段として「IT(情報技術)」という言葉が使われ始めたようです。

 一方、日本では1990年前後に使われ始めたようです。

ITの本質とは

 ITを考える際にポイントとなるのは、単なる「電子データ処理として考えるのではなく、情報システムを上手に活用することで、「業務の効率化」のみならず、「経営戦略の立案」としても役立つことが、複数の成功事例によって証明されております。

 私がITにはじめて取り組みましたのは、1998年頃です。シンガポールとインドネシアに現地法人を設立する仕事に携わった時です。

 具体的には、現地のスタッフに会計業務を教えると同時に、EPRすなわち統合業務パッケージというシステムを導入し、受注・発注・在庫管理について効率的で効果的な運用を指導しました。

 ERP(統合業務パッケージ)とは、会計・発注・販売・在庫等の部署ごとのデータを、一つのシステムで共有化し、効率的に使うというものです。

 その当時私は、ITについて業務の効率化のみを追求していたように思います。

 今考えますと、それも間違いではありませんが、本来はそうではなくて、経営データを体系的にタイムリーに取得できることの方が重要だったのだと思います。そして、そのデータによっていかに戦略的な経営を行っていくのかを考えることができたと思います。

 これからはどのようなシステムにせよ、業務の効率化のみならず、タイムリーな情報を経営者がいかに入手できるかを追求していくべきであると考えております。

 ITを駆使することで、企業の使命の一つである「利益の極大化」が実現できるものと考えます。

お気軽にお問い合わせください!

E-mail: info@office-kobayashi.com
〒385-0027
長野県佐久市佐久平駅北26番地7
             藤ビル2階A号室
TEL.  0267-68-7070
FAX.  0267-68-7074
MAIL. info@office-kobayashi.com (代表)
URL.  http://www.office-kobayashi.com

TKC全国会創設者 飯塚毅博士のホームページを公開しています。
ホーム経営理念業務内容事務所案内スタッフ税理士とはサイトマップお問い合せ

Copyright(C)2009 小林弘幸税理士事務所 All Rights reserved.