税務相談や経営相談についてお気軽にお問い合わせください!    ようこそ 小林弘幸税理士事務所のHPへ!!
HOME経営理念プロフィール業務内容MAP税理士とは税理士の選び方無料相談サイトマップ
 節税したい!確定申告したい!税制改正について経営改善するには!決算書が読めるようになりたい!

損益分岐点の求め方

1.損益分岐点売上高とは

             売上高−変動費−固定費=0

 となる売上高のことです。(上図参照)

 「変動費」とは、売上げの増減に応じて変わる費用をいいます。

 「固定費」とは、家賃や給料のように売上げの増減にかかわらず毎月かかる費用をいいます。

 ですから、変動費と固定費を使って利益を計算しますと、

          売上−変動費−固定費=利益(経常利益)

ということになります。


 2.損益分岐点売上高の求め方

 粗利益率(限界利益率)というものを使います。

          粗利益(限界利益)=売上高−変動費

          粗利益率(限界利益率) = 粗利益(限界利益) ÷ 売上高

 上の粗利益率(限界利益率)を使って@の式を表しますと、

          売上 × 粗利益率(限界利益率) − 固定費 = 0

 従って、

          損益分岐点売上高 = 固定費 ÷ 粗利益率(限界利益率)

ということになります。

 上図のような図を使って考えますと頭に入りやすいと思います。


 月次の決算書を検討するに当たって、損益の分岐点となる売上高を常に意識していただくことが大切かと思います。

お気軽にお問い合わせください!

E-mail: info@office-kobayashi.com
〒385-0027
長野県佐久市佐久平駅北26番地7
             藤ビル2階A号室
TEL.  0267-68-7070
FAX.  0267-68-7074
MAIL. info@office-kobayashi.com (代表)
URL.  http://www.office-kobayashi.com

TKC全国会創設者 飯塚毅博士のホームページを公開しています。
ホーム経営理念業務内容事務所案内スタッフ税理士とはサイトマップお問い合せ

Copyright(C)2009 小林弘幸税理士事務所 All Rights reserved.