税務相談や経営相談についてお気軽にお問い合わせください!    ようこそ 小林弘幸税理士事務所のHPへ!!
    HOME経営理念プロフィール業務内容MAP税理士とは税理士の選び方無料相談サイトマップ
 節税したい!確定申告したい!税制改正について経営改善するには!決算書が読めるようになりたい!
リスケジュールで経営改善計画は活躍します!
 
リスケジュールとは借入金の条件緩和のことです。略してリスケとも言われます。


通常はリスケジュールをすれば要管理先以下となります。


そうなると、その貸付は不良債権とみなされて、銀行は貸倒引当金を計上しなければなりませんので、資金繰りの協力を 得るのは非常に難しくなります。


そこで、経営改善計画書の作成が事を有利に進めます。


2008年11月に金融検査マニュアルが改定されたからです。

経営改善計画書を作成して、債務者区分が「要注意先」にとどまることができれば、銀行の協力を取り付けることができる可能性がるからです。

「要注意先」となるための要件は、

@経営改善計画等の計画期間が原則として5年以内(最長10年)であり、計画の実現可能性が高いこと

A全ての取引金融機関が経営改善計画等に基づく支援を行うことに合意していること

が挙げられています。

 

またリスケジュールの前提であった、金利の支払いの必要がなくなりました。

 

このように、実現可能性の高い経営改善計画を作成することで、金融機関が納得しさえすれば、リスケジュールをスムーズに進めることができます。

借入のルールもずいぶん変わりましたので、リスケジュールをしやすくなりました。
 
リスケジュールの交渉の際にも、是非、経営改善計画書の作成をしましょう!
お気軽にお問い合わせください!

E-mail: info@office-kobayashi.com
〒385-0027
長野県佐久市佐久平駅北26番地7
             藤ビル2階A号室
TEL.  0267-68-7070
FAX.  0267-68-7074
MAIL. info@office-kobayashi.com (代表)
URL.  http://www.office-kobayashi.com

TKC全国会創設者 飯塚毅博士のホームページを公開しています。
|ホーム|経営理念|業務内容|事務所案内|スタッフ|税理士とは|サイトマップ|お問い合せ|

Copyright(C)2009 小林弘幸税理士事務所 All Rights reserved.