税務相談や経営相談についてお気軽にお問い合わせください!    ようこそ 小林弘幸税理士事務所のHPへ!!
    HOME経営理念プロフィール業務内容MAP税理士とは税理士の選び方無料相談サイトマップ
 節税したい!確定申告したい!税制改正について経営改善するには!決算書が読めるようになりたい!
                                                       
金融機関の債務者区分とは!


リスケジュールで経営改善計画は活躍します!

                            
         経営計画書銀行の評価が良くなるって本当?

                          
金融機関からの借り入れでは、経営改善計画書が大変重要な意味を持ちます。

理由は、経営改善計画書の有無や中身によって、会社の「格付け」に影響するからです。

格付けによって貸出できるか、できないかが決まります。金利も格付けがいいほど有利になります。
         

また、借入返済の条件緩和(リスケジュールと言います)を行う際に、経営改善計画書があれば、格付けを下げなくてもよいということになりました。

(ただし、決算書と比べて経営改善計画書の達成度が80%前後なければなりませんのでご注意ください。また、リスケジュールしますと追加融資は受けられなくなります。)

 

ですから、是非、経営改善計画書を作成しましょう!

 

経営改善計画書の作成で大切なことは、数字がきれいに並んでいるだけではNGです。これまでの経営をどう改善していくのか、その改善案を記載して、その結果、数字で表すとどうなるのかを決算書のレイアウトに数字で記載することになります。

 

数字よりも改善案の方が大切ということになります。

 

こうして作られた経営改善計画書を実践することによって経営の改善がなされることを金融機関も望んでいます。

 

つまり、借入をするために経営改善計画書を作るというよりも、経営改善計画書を実践することで経営が良くなるために作るとお考え頂ければと思います。

 

お気軽にお問い合わせください!

E-mail: info@office-kobayashi.com
〒385-0027
長野県佐久市佐久平駅北26番地7
                藤ビル2階A号室
            
TEL.  0267-68-7070
FAX.  0267-68-7074
MAIL. info@office-kobayashi.com (代表)
URL.  http://www.office-kobayashi.com

TKC全国会創設者 飯塚毅博士のホームページを公開しています。
|ホーム|経営理念|業務内容|事務所案内|スタッフ|税理士とは|サイトマップ|お問い合せ|

Copyright(C)2009 小林弘幸税理士事務所 All Rights reserved.